​サーフィンのバケツに変わる多機能防水バッグ

めんどうな後片付けを楽にする『andback』

アクティブなあそびやスポーツって、楽しいけれど、後片付けがめんどう!

そんな「めんどう」を「楽」にしたい!

現在、主流であるバケツでこんな事を思ったときありませんか?

1. 着替える時のスペースがもっとほしい。

2. 移動のときに、持ちにくい。片手でもてれば.......

3.  使わない時、かさばってじゃま!!

​「andback」がなぜ良いのか⁉

DSC_5306.JPG

着替えスぺースが110㎝×110㎝と広く、スムーズな着脱が可能です。

​(一般的なバケツ直径500mmぐらいなので6倍の広さ)

着替え - コピー.jpg

ウエットスーツを脱ぐとき、バランスを崩して手を怪我した事ありませんか⁉

脱いだウエットスーツはシートに脱ぎ捨て、

​付属のフックをベルトに掛ける事でバック形状になり持ち帰ることができます。

​その他、リーシュコードやフィン・WAXなど細かい荷物なども

一緒に収納いただけます

​最大の特徴はシートカバー

_A9_8773.jpg

自然を相手にしたスポーツは、常に表情をかえますよね。

そんな時でも『andback』があればシートカバーにでき

ポイント移動にもお使い頂けます。

​コンパクトなサイズ感

ヘッディング 5
コンパクト積載.jpg

大荷物の乗り合いで海まで行く際もコンパクトだから場所をとりません!

※イメージし易い、わかりやすい形状で撮影を行っております。

軽自動車での撮影で、既製品のバケツが収納できないスペースになっています。

考え抜かれた形状で長持ち!

20210420_bisosama_0034.jpg

防水加工の生地は性質上、折れ目や角にとても弱く角は突起となり

擦れやすく劣化しやすいのが弱点です。

それを防ぐために、

あえてフードの中に丸めて収納することによって、

常に同じ箇所が折れないよう工夫しています。

一ヵ所に負担をかけることなく、防水加工部分へのダメージを大幅に軽減します。

使わない時の収納サイズは、約25㎝×25㎝×15㎝

バケツとは比べ物にならない小ささです。

トリップにおいてもこのサイズ感だからこそ、

空いてるスペースにパッキングできます。

​ショルダーストラップ

 サーフィン バケツ
sa-finn 
DSC_5321.JPG

ショルダーストラップを採用することにより、
移動時においては肩掛けできるため
サーフボードと「andback」を持っても片手が自由に使えます。

ウエットスーツ収納としても使え、

その他の多岐にわたるシーンでお使いいただけます。