釣りの後の困るウェーダー収納に!!

ウェーダー収納ってかさばるし、ビニール袋にしまうの大変と思った事ありませんか⁉

そんな時に役に立にたつのが「andback」!
シート上で足を汚さず着替えができ、そのまま包んでもって帰れる防水バッグです。
 

DSC_5015.JPG
DSC_5141.JPG

もちろん、防水加工もしてあるので車を汚さず持ってかえれます。

20210420_bisosama_0032.jpg
20210420_bisosama_0030.jpg

「andback」はこれだけでは終わりません。

渓流釣りをした事ことがある方なら、こんな事ありませんか⁉

「良いと思ったポイントだったけど全然アタリもない」

ウェーダー脱ぐの「めんどくさい」から、もう少しここで粘るか。

DSC_4978.JPG

一日、粘っては見たものの坊主。

期待してた釣果がでなかった。

やっぱりあの時、移動しとけば良かったと…......。

こんな時、「andback」があれば車のシートにセットすれば

シートカバーにも変形し、ウェーダーを着たままポイント移動が可能です。

一日の無駄な時間をなくし、魚との出会いの期待率をアップさせます!!

_A9_8773.jpg

もちろん、丸ごと水洗いが可能なので清潔にお使いいただけます。

写真 2021-04-27 9 13 09.jpg


持ち運びは、ショルダーストラップを採用している為、肩にかける事ができます。

従来品やコンテナ型だと両手が塞がってしまう為、怪我の原因にもなりかねません。
これを解決したかったんです。
​またソフトタイプを選ぶことで、体にフィットし荷物を運ぶ際の体への負担も軽減してくれます。

大容量サイズで、仕掛けや網、ウェーダーやルアーなどの小物を入れて釣り場へ移動することができるので、自転車での移動時や駐車場から釣り場への移動のときも便利です。


​いつもハードタイプを使っていて、ソフトタイプを使った事がない人は、是非体験してみてください。

DSC_4986.JPG

渓流や海でもあらゆるシーンで使えるバッグで、

ゆったりとした110㎝×110㎝が着替え易いスペースを確保

​もちろんシート替わりにもでき、車のトランクシートとしてもお使い頂けます。

20210420_bisosama_0004.jpg
・使わない時は、小さくなるから、トリップにも最適
20210420_bisosama_0034.jpg
20210420_bisosama_0014.jpg
ヘッディング 5
​今回は渓流釣りをテーマとしてご紹介いたしましたが、トラウト ルアーフィッシング 船釣り 磯釣りなど様々なシーンでご利用いただけます。

​「andback」ならウェーディング時期以外にも

沢山のシーンでお使えいただけます。

あなたなら何につかう⁉

写真 2021-02-11 14 29 15 (1) (1).jpg